インターネットを使用するうえでSSLが役に立つ!

インターネットでショッピングをするとき、SSLがあれば安心! - SSLが防いでくれるリスク

更新情報

アーカイブ

カテゴリー

SSLが防いでくれるリスク

SSLを導入するのは、インターネット上で個人の情報を扱いたいとか、扱わなければならないというシチュエーションに立たされている場合には、スタンダードに必要なものとされています。
SSLって本当に必要なのと疑問に感じている方も少なくないことでしょう。
ここでは、SSLを導入することによって、未然に防ぐことが出来るであろうリスクについて紹介していきましょう。

ユーザへのなりすまし対策

なりすまし詐欺は、インターネットの普及によって、爆発的に広がりました。
特にフィッシング詐欺と呼ばれる本物そっくりの銀行のサイトやショッピングサイトなどを立ち上げて、個人情報などを入手し、そこから得た情報から、本人になしすまし、金品を奪おうとするわけです。
SSLを導入すれば、そういったフィッシングサイトではなく、真っ当な企業であるのかどうかをユーザが確かめることが出来るわけです。

cookieの覗き見防止

インターネットを使っていると、切っても切れないのがcookieです。
簡単にいえば、パソコンに一時的にユーザ情報を記録し、同じサイトにアクセスした際の表示速度を早くしたり、パスワードやIDの入力の手間を省くことが出来たりなど、メリットもありますが、この情報は盗み見られてしまうと、大変な損失といえるのです。
そこにはIDやパスワード、訪れたページの回数から内容まで沢山の情報が入っているからです。
SSLであれば、暗号化されて保護してくれるため、盗み見られる恐れはありませんが、ないものであれば、その情報を取得される恐れもあるのです。
他にもデータを改ざんされるなど、本当に個人にも企業にも致命的なダメージを与えかねないトラブルに巻き込まれるのを防いでくれるのがSSLの役割なのです。
SSLの導入を考えている方もいらっしゃることでしょう。
インターネット上で商売などをするに当たり、ユーザの個人情報を大事に扱うことは、非常に大事なことなのですから。
しかしながら、SSLは暗号化してくれるツールということしか把握していない方が多いものですよね。
導入するのであれば、少なからず、SSLがどういった仕組みになっているのかを覚えておく必要があります。

暗号化はどのようにされているのか

サービスを提供している企業によって、細かい部分は違っていますが、基本的な構造は一緒です。
yilifu
一般的なSSLの暗号化の仕組みは、クライアントがWEBサーバにアクセスすると、サーバ側から共通のシークレットキーを使い、データを復号化し、サーバ証明書と公開キーをクライアント側に送付します。
クライアント側では、サーバ証明書で、送られてきたサーバ証明書を検証して、認証出来た時には共通の公開キーを生成します。
更にその後、サーバ証明書と、共通キー、そして生成された暗号化した共通キーの3つをクライアント側がサーバ側に送付します。
するとこの秘密キーを用いて、データを暗号化し、SSLの暗号化通信がスタートするということになります。

何重ものセキュリティ構造を持っている

こうやってみると、大分時間が掛かりそうなイメージが湧き、ユーザビリティの面で不安を感じる方も多いかもしれませんが、これだけのステップを踏んでいて、掛かる時間のコストはたった数秒というものですから安心です。
つまり、SSLを導入したWEBページで高い安心感をそのページを使うユーザに与え、ユーザビリティの高さも感じさせる事が出来る。
その上で何重ものステップを踏んだセキュリティ構造を持ったSSLを導入出来るわけです。
アルファSSLでサーバ証明
格安のアルファSSL⇒≪https://www.toritonssl.com/≫

SSLサイト